BLAME! N日1話

BLAME! を86400秒xN間隔ぐらいで1話読んで感想を書く

LOG.9 生電社

塊都の労働者
  • 「有機なんとか」の看板。3文字目はハングルかもしれない。塊都の文字は非常に魅力的だ。フォント化してほしい。
  • 「殺警」のポスター
  • 生電社本社の明かりの表現がとてもかっこいい
  • 異様に多い「労働」の2文字。ディプレッション感が素晴らしい。
生電社中央シャフト
  • ここからかっこいいデザインのオンパレード
  • 用済み素体?の廃棄
  • 警備員のデザインが素晴らしすぎる。レーザーも。
  • 「警備部」のゲート機構がせりだす描写も、警備長の女性(?)も、双長刀の変形ギミックもとにかくカッコ良すぎる。
  • 少しわかりにくいが、ここでは霧亥が縁の上から迫りくる長刀を避けるため、中央シャフトに向かって飛んでいる。直後に取り巻きの撃ったレーザーで手掛かりが切断され落ちている。
  • パイプに落ちているが、よく見ると、さきほどの警備機が落ちるシーンにも描かれている。
廃棄ピット
  • この警備員はさきほど蹴り落したものだろうか。
  • シボの胸に繋がっているのは生命維持装置だろうか
アクセス
  • 警備員の爪がシボの顔を貫く。間一髪間に合わず。
  • ホログラムには頭取が映っている。長い。投影機もかっこいい。
主電脳室
  • 頭取=主電脳。陳腐なただの「脳みそ」だけ、ではなく、あえて人の形を与えているのが良い。生電社の理念を雄弁に語っている。
  • 警備長のアップ。美しい。髪のデザインが天才的。
  • 蛹型改造種の作る”場”が、落ちてきた梁を2つに裂く。あらためてとんでもない強さであることが強調される。
  • 縦に滑るように飛ぶ双長刀の形も美しい。本当に天才。パシっと取るところもかっこいい。
  • さんざん語られてきたシボのかっこよさは略
  • 頭取のHUDに現れる 「起動」の文字  (もはやHDDかも)
  • そして建物の外に倒れこむ頭取の死骸。かっこいい。
超構造体へ
  • 労働者たちが警備員を串刺しにしている。生電社のコントロールは失われたのだろう。
  • 霧亥が切断された腕を縫合してもらっている
  • シボが壁から取り出し、手首に注入したあと、腰にカチっとつけているのはなんだろう?
  • 超構造体の発光部とは?明滅が昼夜を疑似的に表すのだろうか?でも柱の高さは高くても1万m程度に見えるのでもっと短い間隔かも。
  • この巨大な空間は円形の壁に囲まれている。壁の外にあるのは宇宙?それともさらに都市が続いているだけ?個人的には後者。
  • 階段に手すりが一切ない。危なすぎる。

LOG.8 塊都

外の橋
  • カラカラと回っているのは、なにかのファン。建設者の部品というよりは建材の一部だろう。
  • コマではあっという間だが、おそらく途方もなく長い時間が流れて、終端についている
  • 橋には、どこにも降りていけない階段がついている。こういう乱造なところがいい。
  • 霧亥の首にはなにかのギア、肩からはコップと+マークの筒がぶら下がっている。
  • このギアは劇場版ではセーフガード避けとして描かれていたが、原作でも同じかは分からない。
  • 筒の+はおそらく統治局とは無関係で、ただの巨大なねじがついた何かの部品だろう。それともホルスター?
第一乾人
  • ドロドロを集める乾人の少女(?)。劇場版では、ドロドロは食料として描写されていたが、原作でも同じかは分からない。
  • 巨大な人工管虫。本来はこのあたり一帯のメンテナンスを担っていたのかもしれないが、暴走している可能性もありそうだ。それにしても非常に素晴らしいデザインである。
  • 乾人の中でもこの少女のみ額に目がついている。タトゥーなのか機能を持っているのかは分からない。
    もしかするとこの少女は特別な存在なのかもしれない。
  • 珪素生物生産工場の入り口にも、非常に似た、十字と目のエンブレムがついている。なにか関係があるのだろうか。
  • 他の乾人のなかには、腰に骸骨のようなものをぶら下げている者たちがいる。下級の珪素生物の頭蓋骨にも見える。
  • もしかすると、生産工場の本来の管理者につながる存在で、珪素生物とは敵対しているのかもしれない。
  • 乾人たちは、あたかも「造換」と似たエフェクトで立ち去っている。もしかすると、ある程度ネットスフィアの機能を利用できるのかもしれない。
さらに彷徨う霧亥
  • 5つの管のフチに霧亥が立つコマが本当にすばらしい。この多肉植物と機械の融合デザインがたまらない。
  • そして、多肉植物状の構造体から、人の手による”集合バラック小屋”へと渡る霧亥
荷受所
  • 手前の老人たちはヘッドギアをつけ、ふいごのついた機械からなにかを吸っている。精神ドラッグだろうか。
  • 奥の老人はまるで電話の交換手のようになにかの配線をつなぎかえている。
  • 受付の者も、額の両端に四角い端子のようなものがついている。ヘッドギアと接続するのに使うのかもしれない。
  • テッツァンのトラックが斜めにハンガーに停まってるシーンがとにかくかっこいい。
  • 外に飛び出したトラックの右側には多肉植物状の構造体が見えている
  • トラックの操縦席がめちゃくちゃかっこいい
  • 廃棄階層は、塊都の技術により統治局の干渉を妨害しているのか、それともネットスフィアのカオス化で生じた監視の隙間なのかは分からない。
乾人の襲撃
  • 落ちてきた巨大管虫は前出のものよりも自然発生のものに見える。こちらがベースになったのかもしれない。
  • 走るトラックを足で追い越す乾人。驚異的な身体能力である。
  • 額や肩に横線の多いセーフガードマーク(≡|≡)の個体もいることから、なにかしらネットスフィアによって造られた(そして廃棄された?)存在なのかもしれない。
  • 前出の珪素生物生産工場との符合を考えると、もともとは「生産局」のような統治局の下部or同列組織の素体なのかもしれない。
  • 車内で乾人が発砲しているのはテッツァンの銃。
塊都ハードランディング
  • 生電社の運び手(大型)のデザインが本当に本当に素晴らしい。長い腕も多眼の頭も。
  • 積み荷=乾人の体が蛹のような拘束服に入っている。珪素生物たちが少年を包んだのは生物的な繭だったが、こちらは人間が設計した工業製品。その対比が面白い。
  • 乾人は中性種らしい。おそらく何者かにデザインされ人工的に造られた(使役用の?)存在だろう。(それとも移植後に中性種になるのだろうか?)
  • 移植とはどういう意味だろう?このあと出てくる人型ではない生電社の手下はみな乾人を改造したものかもしれない。
  • 重力子放射線射出装置のビームが塊都の外の配管に当たる。スケール感が狂う素晴らしい一コマ。
  • 珍しい霧亥の笑顔(恐い)
  • 生電社の人たちは重力子放射線射出装置を知っている。
  • そして注射で急速充電する霧亥。
  • 目に見えない”場”でビームを湾曲させる改造種。わざわざ言うのも無粋だが、手のモチーフはもちろんあれ。しかし全体として非常に魅力的なデザインである。
  • 運び手と同じく、生電社によって(乾人を使って?)創り出された存在だろう。丁寧に「生」の商標入り。
  • 目と手、どちらでも”場”を生成しているような描写がある。
  • そして塊都の猥雑な街並みへと足を踏み入れていく霧亥。

EX-LOG 廃巣

このエピソードは本来無言で楽しむべきだが… (全編そうだが)
廃巣1ページめ
  • 不自然に明るい。超構造体からの光が届いているのだろうか?
  • 霧亥が乗っているのはなんだろう?機能停止した建設者のアーム?
  • 霧亥の足元から飛んでいるのはなんだろう?巻き上げた埃?
  • コンクリート?打ちっぱなしに見えるが、丸みを帯びてるのが超いい
廃巣2ページめ
  • 作業台のうえには骸骨のようなものが見える。人のだろうか?珪素生物のだろうか?
  • 霧亥は入口から入ってくるところだろうか?さらに奥へ入っていくところだろうか?
廃巣3ページめ
  • 生産(生殖?)施設だろうか?
  • 『廃』というのはここが稼働しなくなったからだろうか?
  • 霧亥がかつて壊し、いま再び通った、という可能性すらある。
廃巣4ページめ
  • 新たな通路
  • BLAME!の無限遠まで続く構図は本当に好き

LOG.7 建設者

成長区域
  • クモイが呼ぶ成長区域とは、読んで字のごとく、建設者が無尽蔵に建設を続けるエリアのことだが、これは統治局の管理が及んでいないことの裏返しでもある。彼方まで続く橋を霧亥は渡っていき、統治局が干渉をやめた廃棄階層にたどりつくことになるが、ここはちょうどそういうグラデーションの中に位置する場所なのだろうか?
ヤキとクモイ
  • この2人は霧亥と同じぐらいの身長。
  • アキマと塊都は人間が種として分化してしまうぐらい離れているのだろう。Blame!世界の水平の広がりを感じさせてくれる。
  • あるいは、純粋に生電社の遺伝子工学の産物かもしれないが。
  • クモイのそばには駆除系?と思しきボディが何体もある。正常だったころのクモイは駆除系を倒すほどの知識をもっていたのだろうか。
  • なんとなく、ヤク, クモイ, キリイは音的に似ている。もしかすると祖先は共通なのかもしれない。
建設者
  • 「無」から「有」を生み出している。建設者も造換塔とリンクして、物質を”搬送”してくる能力を持っているのかもしれない。
  • バイナリーコードの発信で止まる。霧亥はこの装置を統治局に渡してブロードキャストしてもらえば都市の無尽蔵な拡大は止められたのでは…?と思ってしまったが、きっとなにかしら理由があってそうはカオスが卸さないのだろう。
  • 大型の建設者を止めるために接続したのはアンテナ?この一見用途不明だけど機能を持ちそうなメカデザインが本当にすばらしい。
珪素(男) II
  • 驚くべき追跡能力。
  • 老けすぎ。珪素生物に正気があるのかわからないが、正気を失っているように見える。
  • 腕を押さえられたと思いきや、力任せに捻じ曲げ、重力子放射線射出装置で4連射もする霧亥。もう無茶苦茶すぎ(褒
  • 殺し終えたあとの霧亥の表情
治療者
  • 弔い
  • ここも直前との反動というか、余韻がすさまじい

LOG.6 珪素生命

珪素(男)
  • よく見ると、全身の排熱孔から蒸気?が出ている
  • また、腕の付け根の部分は珪素生物の素体?のままで、そこから武器腕に連結してる様子が確認できる。
  • 駆除系に全力で顔を殴られても小さな穴がつくぐらい。元からセーフガードのテクノロジーを盗用してるので当たり前といえば当たり前だが、珪素生物の強靭さを感じさせる。駆除系と肉弾戦を張れる。
  • 殴られたあとの反撃撃ちも相当かっこいい。
  • 数ページ後に、目の虹彩が”絞り”になってるのがわかる一コマがある。
黒い太陽
  • 高エネルギー?を周囲に照射して駆除系の”回路”を焼いているように見える。ガンマ線EMP?
  • 珪素生物は被曝しても問題ないよう。シールドしているのだろう。
  • 一方、霧亥はなかば本能的?に壁の後ろに隠れている。霧亥の体は基本的にセーフガード寄りなので珪素生物たちほどは強くないのかもしれない。(もちろん駆除系よりは強いと信じたい)
  • ガンマ線だとすれば、直進性が高く、霧亥が隠れた壁がコンクリートもしくは合金製であれば遮蔽は無理でもかなり軽減はできそうなので、非常に合理的な回避行動かもしれない。
  • 以降の物語でのセーフガードの倒し方が基本”撃ち抜く”なのに対して、非常にユニークな武器である。
チットチャット
  • 「おまえを知ってるぞ」「また遺伝記録を手に入れたな」 珪素生物たちの情報網を通して霧亥の行動も拡散して共有されているのだろうか?それとも以前に本当に面識があるのだろうか?
  • 「前回」というのはいつを指すんだろう?LOG.1ではないいつかだと思うほうが面白い。
  • この2人組も、霧亥から遺伝子情報を手に入れようとしている。リンベガの一派なのかもしれない。
  • 話のながれをぶった切って挑発する霧亥。数少ない笑みのワンシーン。
珪素(女)
  • 珪素(女)は霧亥を一度壁に蹴り飛ばしてから、もう一度蹴りこんで壁にめり込ませている。
  • その直後にはもう彼女は死ぬ。しかも霧亥は手で彼女の頭を壁に叩きつけて、1発で十分なところ、2発撃ちこむ。
  • この一瞬の間の命のやりとり、信じられないとでも言いたげな彼女の表情、BLAME!全編中でも最高のバトルシーンの一つだと思う。
墜落
  • 後先考えずに撃ちこむから…
  • 倒立都市にはやっぱりロマンがあるなあ。超構造体の底面なのだろう。
    霧亥は、のちにシボと共に再び別の塔を昇り、この超構造体を越えている。そう思うと非常に感慨深い。
  • ただし、塊都があったのもこの超構造体より下なので、「廃棄階層」というのは超構造体と超構造体の間全体を指すのではなく、もっと狭い領域なのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LOG.5 脱出

  • 壁に埋め込まれたスクリーンが、砂嵐を経て点灯する。
  • この階層ではこれが一日のリズムを作ってるのだろう。
  • 霧亥が活動を始める。
霧亥の到着
  • 集落はめちゃくちゃになっている。一晩寝たあとだからね。
  • 最後の脳髄技師。脳髄改造の過程で、知ってか知らずか、ネットスフィアへの不正アクセスが行われてしまいセーフガードを発動させてきたのかもしれない。
最後の映像
  • ずっと2コマ目と3コマ目を理解できてなかったけど、あの少年の上位セーフガードが撃たれて死んでいるのか。
  • 結局、集落を襲撃するときも、サナカンみたいに戦闘形態への身体変換は行っていない。
  • 最初期の試作型もしくは偵察型の上位セーフガードなのかもしれない。
    このときの戦闘データが、もしかするとサナカンにも活かされているかもしれない。
建設者
  • 初出にして、最もかっこいい建設者。
  • このコマをずっと見続けられてしまう。
統治局への認識の混乱
  • 統治局とセーフガードの混同。統治局と建設機械の関係の誤認。一方、網膜には文字が映るようだ。
  • 想像してみるなら、一般人はネットスフィアが正常だったころは統治局としか接さないのが普通のはずで、”感染状態"であらゆる接続が不正となりセーフガードが発動したときも、「統治局が襲ってきた」ようにしか見えないはずだ。そして、「統治局」という単語だけが親から子へと受け継がれていく。
  • 網膜に移る文字はおそらくずっと「ログインに失敗しました。管理者にお問い合わせください。エラーコード:XXXXXX」的な内容なのだろう。そんな役に立たない表示の読み方が伝承されなかったのも当然である。
  • この集落は、比較的ネット端末遺伝子の断片が完全なままで、接続用デバイスまでは発生できているのかもしれない。
  • あるいは、脳髄技師が「Noise」時代の接続用インプラントを脳に埋め込む手術を行っていたのかもしれない。もちろん、それはネットスフィアに接続するためではなく、インプラント自体の内蔵機能を利用するのが主目的だったのだろう。たとえば、視覚の録画や、霧亥にその録画を渡したときに使っていたようなローカルエリアデータリンク機能。または、ネットスフィアにログインしなくても使える基本機能がある程度あるのかもしれない。
駆除系
  • まだ、人形感があった。壁からちょっと顔出してるのがチャーミング。
  • 射貫かれた輸水パイプから豪雨のように降る水、うーん印象的でかっこいい…!
  • 「まあ気にするな どうでもいいことだ」 このとき、すでに死期を悟っていたのだろうか?
近くの集落
  • 階段に彼を下す一コマと、霧亥の顔の半分の一コマの味わい。
  • そして、絶望的な風景とともにこのLOGは終わる。

 

 

LOG.4 統治局

水分補給
  • そのあたりの水をためらいもなくすする霧亥。BLAME!の世界の水なんて、重金属やらナノマシンやら訳わからんバイオ物質が溶けているはずなのに。優れた浄化機能を内蔵しているのだろう。
子供
  • 霧亥に渡した「食料」ってなんなのだろう?食べ物よりはずっと機械部品に見える。
  • この子、上位セーフガードの中でも相当挙動が変わっている。霧亥になんら実力的な干渉を加えるつもりがないように見える。
  • 与えられた使命が「人間の排除」だけだからだろうか?
  • 最初に頭を、次に体を撃たれて吹き飛んでるが、「セーフガードの外殻素材をぶっこわすのは無理」とLOG.5で言及がある。この形態での耐久度は人間なみなのだろう。
3人組
  • 事情を知らずにこの階層へ来た霧亥(人間)をセーフガードから守り、再び近づくのをやめさせようとする、という行動をとっているはずなのに、悪者に見える不思議。子供殺しや他人の荷物を奪って捨てるという表面的な行動に簡単に人間って騙されちゃう。
  • 人間か”統治局”かを「目」で区別してる?あとのシーンでは、子供の目の放射状のラインが強調されてるようだが…?
  • 「こいつは間違っている」という言い方がとても面白い。5000階層=1階層最低3mとして少なくとも15km下の地底から来た、というのを聞いて「嘘つきだ」ならともかく、「間違いだ」という反応。霧亥がふざけて言ってるわけではないことは認めてるのだろう。
子供の復讐
  • 造換塔アクセスし放題。
  • おいたわしや。
  • セーフガードとしての形態を発現させずに3人を仕留めている。強いて言えば、S字の脊椎と指先がわずかに特徴を帯びているぐらい?本性を現す前の人間形態時のサナカンもこれぐらいの動きは難なくできそう。
  • 3人の武器の着弾痕の半径がやたら広い。これはちょっと食らいたくない。普段戦っている相手の硬さが想像できる。
  • 終わったあと霧亥に「ニィ」と笑いかけたりして、やっぱり変な上位セーフガード。さすがの霧亥もこれには冷や汗をかいていている。
  • 重力子放射線射出装置は、霧亥が死体を漁ったのだろうか?子供があの一瞬の間に女から抜き取って返したのか?後者だと「ニィ」がとても面白い。
ラストページ
  • ページをめくると、すでに「40階上」に到達しているカットになる。干されている洗濯物から集落にたどりついたことはたぶん間違いないだろう。このあと何が起きるのか、静かでありながら非常に不安にさせる終わり方。
  • BLAME!はコマとコマの間でそこそこ長い時間が経ってることがあって、しかもよく見ないと分からない。その時間の流れ方もたまらなく魅力。