BLAME! 数日1話

BLAME! を86400秒xN間隔ぐらいで1話読んで感想を書くだけ!

LOG.4 統治局

水分補給
  • そのあたりの水をためらいもなくすする霧亥。BLAME!の世界の水なんて、重金属やらナノマシンやら訳わからんバイオ物質が溶けているはずなのに。優れた浄化機能を内蔵しているのだろう。
子供
  • 霧亥に渡した「食料」ってなんなのだろう?食べ物よりはずっと機械部品に見える。
  • この子、上位セーフガードの中でも相当挙動が変わっている。霧亥になんら実力的な干渉を加えるつもりがないように見える。
  • 与えられた使命が「人間の排除」だけだからだろうか?
  • 最初に頭を、次に体を撃たれて吹き飛んでるが、「セーフガードの外殻素材をぶっこわすのは無理」とLOG.5で言及がある。この形態での耐久度は人間なみなのだろう。
3人組
  • 事情を知らずにこの階層へ来た霧亥(人間)をセーフガードから守り、再び近づくのをやめさせようとする、という行動をとっているはずなのに、悪者に見える不思議。子供殺しや他人の荷物を奪って捨てるという表面的な行動に簡単に人間って騙されちゃう。
  • 人間か”統治局”かを「目」で区別してる?あとのシーンでは、子供の目の放射状のラインが強調されてるようだが…?
  • 「こいつは間違っている」という言い方がとても面白い。5000階層=1階層最低3mとして少なくとも15km下の地底から来た、というのを聞いて「嘘つきだ」ならともかく、「間違いだ」という反応。霧亥がふざけて言ってるわけではないことは認めてるのだろう。
子供の復讐
  • 造換塔アクセスし放題。
  • おいたわしや。
  • セーフガードとしての形態を発現させずに3人を仕留めている。強いて言えば、S字の脊椎と指先がわずかに特徴を帯びているぐらい?本性を現す前の人間形態時のサナカンもこれぐらいの動きは難なくできそう。
  • 3人の武器の着弾痕の半径がやたら広い。これはちょっと食らいたくない。普段戦っている相手の硬さが想像できる。
  • 終わったあと霧亥に「ニィ」と笑いかけたりして、やっぱり変な上位セーフガード。さすがの霧亥もこれには冷や汗をかいていている。
  • 重力子放射線射出装置は、霧亥が死体を漁ったのだろうか?子供があの一瞬の間に女から抜き取って返したのか?後者だと「ニィ」がとても面白い。
ラストページ
  • ページをめくると、すでに「40階上」に到達しているカットになる。干されている洗濯物から集落にたどりついたことはたぶん間違いないだろう。このあと何が起きるのか、静かでありながら非常に不安にさせる終わり方。
  • BLAME!はコマとコマの間でそこそこ長い時間が経ってることがあって、しかもよく見ないと分からない。その時間の流れ方もたまらなく魅力。